本文へ移動

運営方針

 
令和元年度
長崎県PTA連合会運営方針と活動事項

1.運営方針

 
 子どもたちを取り巻くあらゆる教育の諸問題解決のためには、会員一人一人がPTA組織の存在意義を理解し、当事者意識をもって保護者としての責務の大切さを認識し、会員のつながりと学びにより資質の向上に努めるとともに、学校、地域との連携、協働による時代に即応した活動を組織的に推進することが重要です。
 長崎県PTA連合会は,各郡市町PTA連合会相互の融和を図り,連携して本県教育の環境整備に取り組み,研修事業を通して会員自らの人間力と家庭教育力を高め,大人の姿を通して夢や目標をもつことのできる,人間性豊かでたくましい子どもを育成します。

2.年間スローガン

「つながり合うPTA」
   ~家庭とともにあるPTA 学校とともにあるPTA 地域とともにあるPTA~

3.重点活動事項

(1)少子化がもたらす組織運営の課題解決を図る。
①現状の県PTAの関わる諸問題の解決を図るために、諮問委員会を設置する。
②新しい長崎県PTA連合会研究大会のあり方を令和2年度南島原大会において示すことができるよう、大村大会を踏まえ、佐世保大会を通して段階を追って充実を図る。
③少子化に伴う小規模PTAへの支援のあり方の検討する。
(2)PTAの活動に理解と協力が広がるようなPTA4組織運営について支援する。
  ①PTAの意義や活動、組織・運営に役立つ情報提供をする。(日本PTA全国協議会が発行している書
   籍の紹介に努める)
  ②各郡市町PTA連合会または各単位PTA相互の融和を図るため、県P連ホームページ等を利用してP
   TAの活動に関する情報交換を支援する。

4.活動事項

(1)学校教育の下支えができる社会教育の担い手として、会員研修の充実を図り、家庭教育力の質の向上に努め、望ましい親子関係を築き、心豊かでたくましい子どもを育成する。
①三行詩の推進
 ・家庭ぐるみで三行詩を推進することにより、望ましい親子関係を築き、家庭教育力の質の向上に努める
②話し合い活動の推進
    ・行政と連携してながさきファミリープログラムを活用し,家庭教育の問題解決や学びとなる話し合い活動を普及する。
③家庭における基本的生活習慣の確立
・早寝・早起き・朝ご飯,家庭学習時間の確保など規則正しい生活リズムの定着に努める。
④長崎県ココロねっこ運動の推進
・あいさつなど,礼儀正しく善悪の判断のできる子どもの育成に努める。
⑤発達段階に応じた通信メディアやSNS等への適切な関わり方の定着
    ・子どもの通信メディア使用に関する情報提供と,保護者として責任を持てるメディアリテラシーの習得を推進する。
・通信メディアに関する家庭のルールづくりを推進する。
(2)各郡市町PTA連合会の組織活動を支援し,全県的な連携,融和を強化して教育環境の整備に取り組む。
①組織運営の課題解決への取組
 ・PTA組織運営の課題解決について、県P研究大会における発表事例が課題解決に役立つように、発表PTAの事前研修を支援する。そのために研究大会マニュアルの内容の更新・充実に努めるとともに、各郡市町P連の研究・研修会の発展・充実を支援する。
②行政その他の団体と連携した教育環境の向上への取組
 ・教育行政との懇談会や各種会議を通し、保護者の代表として教育の諸問題の解決に努めるとともに提言を行い,教育環境の改善を図る。
(3)いじめの根絶,不登校児童生徒への対応について会員が正しく理解し,親子ともに人権尊重に努める。
 ①いじめ防止標語コンテストへの参加PTAが増えるように努める。
(平成30年度は参加233単位PTA 23,701作品)
 ②いじめについての保護者・児童生徒の相談窓口を周知するように努める。
(4)家庭・学校・地域との協働をさらに進め,三者一体となって子どもの健全育成と学力向上に努める。
(5)日本PTA全国協議会,九州ブロックPTA協議会と連携し,その構成員として教育問題の是正に努める。
      (6)国際化時代に対応する,国際性豊かな子どもの育成に努める。
   ①日本PTA全国協議会主催の国際・国内交流活動へ協力する。
長崎県PTA連合会
〒852-8014
長崎県長崎市竹の久保町12-9
TEL.095-861-9004
FAX.095-861-8945
1.PTA活動
2.研修会
3.研究大会の実施
4.広報活動
5.PTA安全互助会
TOPへ戻る